トップページ  の中の  本会議の結果  の中の  平成30年第一回定例会  の中の  平成30年度予算に対する各会派の態度表明(要旨) 中央区議会自由民主党議員団

平成30年度予算に対する各会派の態度表明(要旨)

中央区議会自由民主党議員団

 本区財政状況は、特別区民税の増加が見込まれるものの、ふるさと納税や法人住民税の一部国税化など、約40億円の減収を余儀なくされており、人口増加による各種行政需要の増大や築地市場移転、2020東京大会とその後のまちづくりへの負担が今後の大きな課題となってきます。
 こうした状況の中、本区は基本構想と基本計画を策定し、新たなるステージを目指し始めました。今後は基本構想と基本計画に掲げた将来像の実現と各施策の具体的な展開が期待されます。
 新年度予算の主要事業を概観すると、保育定員の拡大、介護予防プログラムの開発・普及をはじめとする「誰もがいきいきと笑顔で暮らせるまち」、首都高速道路の日本橋上空部の地下化、築地川区間の上部空間の活用調査等をはじめとする「魅力ある都市機能と地域の文化を世界に発信するまち」など各種事業に積極的に力を入れていくことを評価するとともに、その早期実現へ向けて、より一層の努力を求めるものです。
 2020東京大会とその先へ向けて、本区を取り巻く環境は大きな変化が予見されます。施策の計画的な推進とともに、時代や環境の変化へ即した柔軟な区政を要望します。 
 中央区議会自由民主党議員団は平成30年度各会計歳入歳出予算および補正予算に賛成します。

平成30年第一回定例会 各会派の態度表明に戻る

お問い合わせ先
区議会議会局調査係
電話 03-3546-5559