トップページ  の中の  本会議の結果  の中の  平成24年第四回定例会  の中の  一般質問・答弁の要旨 一般質問・答弁の要旨 中央区議会みんなの党 田中 耕太郎議員

一般質問・答弁の要旨

中央区議会みんなの党 田中 耕太郎議員

健全財政を目的とした公会計制度改革を問う

 (1)現行の単式簿記・現金主義会計と複式簿記・発生主義会計基準「総務省方式改訂モデル」の利点・問題点は。(2)財政白書で公表の「総務省方式改訂モデル」のバランスシート等含んだ財務諸表導入の経緯、成果と問題点は。

区長 (1)(2)既存の決算統計データが活用可能、財務会計システムの再構築が不要、他自治体との比較が容易などから「総務省方式改訂モデル」を基本に改善を加えている。財務諸表を即時に作成できない課題はあるが、財政計画の検討やコスト分析による施策の費用対効果の検証への活用も期待できる。

 多様な財務諸表を迅速に作成可能な新公会計制度を導入した「東京都方式」に対する見解及び導入への検討状況は。

区長 新公会計制度は未だ発展途上の取り組みであり、今後とも活用に向け研究を深める。

中央区勤労者サービス公社「レッツ中央」を問う

 勤労者サービス公社の(1)会員数減少等の原因分析と新規会員獲得の取り組みは。(2)本区の財政負担の推移は。理事や評議員等のバランスは。役員報酬額の妥当性等は。(3)適正なサービス内容の拡充ならびに縮小への観点は。

区長 (1)派遣社員増加等雇用環境の変化と認識している。加入促進にはPRの徹底が不可欠である。(2)会員数と財政負担額は比例していない。多様な業種の関係者から幅広い意見を聞くため等の執行体制である。業務内容等を総合的に斟酌して妥当な報酬額と認識している。(3)会員等のニーズを踏まえ拡充と見直しを行っている。

 他区で進む合併や広域化を検討すべきでは。

区長 会員数も多いことから統合等は必要ないと考えている。

施設の改築・大規模改修ならびに災害対策を問う

 社会基盤整備を早期に行ってきた本区には老朽化が進んでいる施設が多くあるが(1)今後の改築・大規模改修に向け、基本計画2013の進捗内容を踏まえた具体的な取り組みとプロセスは。(2)行政庁舎等は単に耐震性が高いのみならず、素早い復旧活動を行うためにも耐震性をさらに高める必要があるが。

区長 (1)人口増加に伴う児童数の急増に対応するための学校の増改築や改修等に集中的に取り組む。また各施設の改築・改修の時期や方法を適切に判断し、さらに適正な受益者負担の観点に立った施設使用料のあり方も検討する。(2) 災害対策本部機能を有する本庁舎の耐震性確保に向け、震度7の大地震でも倒壊しないよう耐震改修工事を実施した。今後も免震構造等も視野に入れ、区有施設のさらなる安全性の向上に努める。

平成24年第四回定例会 一般質問(要旨)に戻る

お問い合わせ先
区議会議会局調査係
電話 03-3546-5559