トップページ  の中の  本会議の結果  の中の  平成26年第三回定例会  の中の  平成25年度決算に対する各会派の態度表明 中央区議会自由民主党議員団

平成25年度決算に対する各会派の態度表明

中央区議会自由民主党議員団

 本区は昨年2月に「基本計画2013」を策定し、平成25年度はそのスタート年として「10年後の中央区」を見据えた各種施策の強化・充実を図ってきました。特に、総合的な地域防災力の向上、子育て世代の人口増加に伴う保育施設の整備、住み慣れた地域でいつまでも暮らし続けるための在宅介護等の充実、70歳就労社会の実現、にぎわいの創出に向けた都市観光の推進など多様な行政課題に対し、的確な施策展開をしてきました。

 我が会派委員は、各施策が当初の目的のとおり着実に成果を発揮できたか、各款にわたり詳細に質疑をし、提案も含め意見を述べて参りました。

 今後は、「中央区基本構想の改定や築地新市場の開場、地下鉄整備促進など将来のまちづくりの課題が山積しており、問題解決には政治力を発揮するとともに、新たな視点・新たな組織・新たな施策等で踏み出すことが大変重要と考えています。

 区は、我が会派の主張を十分に理解していただくとともに、平成27年度予算編成では、区民の福祉・生活向上に向けて、区民の声や我が会派の「政策要望」を可能な限り反映されますよう強く願うものであります。

 以上申し上げまして、中央区議会自由民主党議員団は本決算委員会に付託されました平成25年度各会計歳入歳出決算の認定に同意致します。

平成26年第三回定例会 各会派の態度表明に戻る

お問い合わせ先
区議会議会局調査係
電話 03-3546-5559