トップページ  の中の  本会議の結果  の中の  平成26年第三回定例会  の中の  一般質問・答弁の要旨 中央区議会自由民主党議員団 鈴木 久雄議員

一般質問・答弁の要旨

中央区議会自由民主党議員団 鈴木 久雄議員

BRT計画を問う

 都は環状二号線を中心として、都心と臨海副都心とを結ぶBRTの整備を、本区の基幹的交通システム導入の検討結果も踏まえ、進めていくと発表したが、区と都の方針には相違点がある。都には区の検討結果を十二分に取り入れた整備を進めてもらいたい。区はBRTの実現に向けて、どのように取り組んでいくのか。都の計画とどのように整合させるのか。起点と終点の設定や運行時期の前倒しなどについて、区の考えを問う。

区長 本区が目指す計画と都の計画に違いがあることは認識しており、人口の急増が激しい勝どき・晴海地区における交通不便地域の早期解消が喫緊の課題であるとともに、BRTや江戸バスなどが区民にとって利用しやすい交通機関となることが重要と考えている。都は、本年度策定予定の整備に向けた基本計画に、銀座や晴海が起終点となるルートなど、区の検討結果が反映され、早期導入が図られるよう都と協議していく。

地下鉄新線の導入を問う

 勝どき・豊海・晴海地区の大幅な定住人口の増加が予想される中で、特にこの地域への交通基盤の整備が強く求められている。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、臨海副都心に様々な競技施設が計画されるとともに、東京ビックサイトでは国際放送センターなどの設置に向けて施設の拡張が計画されており、大会後は国際会議や展示施設として活用される予定である。こうした状況を踏まえ、大量輸送機関である地下鉄の整備は必要不可欠で、地域にとっても長年の悲願である。区が都市交通の課題解決に向けて、地下鉄新規路線導入の検討調査を行うことに、地域では期待が高まっている。区は本調査を踏まえ、どう実現していくか。また、地元の期待をどう受け止めているか。

区長 地下鉄新線の導入には、国の政策的な位置付けが必要なことから、平成27年度予定の交通政策審議会答申に位置付けられるよう、関係機関に働きかけていく。  区では本地下鉄の整備は交通ネットワークの形成や更なる国際競争力の強化に必要不可欠と考えており、地元のご協力も得ながら、不退転の決意で、地下鉄導入に向けて取り組んでいく。

平成26年第三回定例会 一般質問(要旨)に戻る

お問い合わせ先
区議会議会局調査係
電話 03-3546-5559