ページの先頭です
トップページ  の中の  会議録検索(本会議・委員会等)  の中の  平成30年第四回定例会会議録(第1日 11月22日)
※発言が2箇所以上ある場合、「前を検索」「次を検索」で前後の発言箇所へ移動できます。

平成30年第四回定例会会議録(第1日 11月22日)

1.会期

十五日(第一日)
十一月二十二日(木曜日)

2.開会並びに散会

午後二時開会

午後二時二十五分散会

3.出席議員

(二十八名)

一番 青木 かの議員

二番 渡部 恵子議員

三番 山本 理恵議員

四番 海老原 崇智議員

五番 佐藤 敦子議員

六番 塚田 秀伸議員

七番 小坂 和輝議員

九番 加藤 博司議員

十番 奥村 暁子議員

十一番 原田 賢一議員

十二番 田中 耕太郎議員

十三番 富永 一議員

十四番 染谷 眞人議員

十五番 木村 克一議員

十六番 堀田 弥生議員

十七番 松川 たけゆき議員

十九番 小栗 智恵子議員

二十番 志村 孝美議員

二十一番 礒野 忠議員

二十二番 鈴木 久雄議員

二十三番 瓜生 正高議員

二十四番 石田 英朗議員

二十五番 中嶋 ひろあき議員

二十六番 押田 まり子議員

二十七番 墨谷 浩一議員

二十八番 田中 広一議員

二十九番 中島 賢治議員

三十番 渡部 博年議員

4.出席説明員

区長 矢田 美英君

副区長 齊藤 進君

副区長 吉田 不曇君

教育長 平林 治樹君

企画部長 浅沼 孝一郎君

総務部長 田中 武君

防災危機管理室長 濱田 徹君

区民部長 遠藤 龍雄君

福祉保健部長 黒川 眞君

高齢者施策推進室長 古田島 幹雄君

保健所長 中橋 猛君

環境土木部長 望月 秀彦君

都市整備部長 松岡 広亮君

会計管理者 坂田 直昭君

教育委員会事務局次長 長嶋 育夫君

監査事務局長 高橋 和義君

政策企画課長 山﨑 健順君

財政課長 大久保 稔君

広報課長 園田 典子君

総務部参事(総務課長事務取扱) 鈴木 浩君

5.議会局出席職員

議会局長 田野 則雄君

庶務係長 長田 基道君

議事係長 一瀬 知之君

調査係長 工藤 久栄君

書記 秋山 和美君

6.議事日程

日程第一
会議録署名議員の指名

日程第二
会期の決定

日程第三
諸般の報告

日程第四
委員会の中間報告


午後二時 開会

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまより、平成三十年第四回中央区議会定例会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は二十八名であります。よって、今期定例会は成立いたしております。

 ただいまより、本日の会議を開きます。


○議長(礒野 忠議員)
 日程第一、「会議録署名議員の指名」を行います。

 区議会会議規則第八十四条の規定に基づき、今期定例会の会議録署名議員を私より御指名いたします。

 十一番原田賢一議員並びに十二番田中耕太郎議員の両議員にお願いいたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、日程第二、「会期の決定」を行います。

 お諮りいたします。今期定例会の会期を、本日より来る十二月六日までの十五日間とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期を十五日間とすることに決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、日程第三、「諸般の報告」を行います。

     〔田野議会局長朗読〕


一、区議会定例会の招集の通知について

二、議案の送付について

三、「職員に関する条例」に対する人事委員会の意見聴取について

  (照会)

四、「職員に関する条例」に対する人事委員会の意見聴取について

  (回答)

五、損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告について

六、損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告について


○議長(礒野 忠議員)
 報告を終わります。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、日程第四、「委員会の中間報告」を受けます。

 まず、鈴木企画総務委員会委員長。

     〔二十二番 鈴木久雄議員登壇〕

○二十二番(鈴木久雄議員)
 ただいまより、企画総務委員会に付託を受けました「企画・総務及び財政の調査について」の経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、付託事件の調査の一環として、十月二十二日から二十四日までの二泊三日で行政視察を実施するとともに、十一月八日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、十月二十二日から二十四日までの行政視察におきましては、熊本県熊本市及び大分県別府市に赴き、熊本市では、首都直下地震等の災害時の危機管理体制強化に資するため、熊本地震における議会対応並びに避難所運営について、別府市では、区民にとって利便性の高い窓口を構築する参考とするため、誰もが快適で賑わいのある窓口業務改革について、それぞれつぶさに視察を実施いたしました。

 次に、十一月八日開会の委員会におきましては、理事者より、平成三十年第四回区議会定例会提出予定議案(件名・説明)について、平成三十年七月豪雨に伴う区職員の派遣状況について、年次有給休暇の付与時期の変更等について、平成三十年特別区人事委員会等勧告概要について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの鈴木企画総務委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、田中区民文教委員会委員長。

     〔十二番 田中耕太郎議員登壇〕

○十二番(田中耕太郎議員)
 ただいまより、区民文教委員会に付託を受けました「区民生活及び教育行政の調査について」の経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、付託事件の調査の一環として、十月二十四日から二十六日までの二泊三日で行政視察を実施するとともに、十一月十二日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、十月二十四日から二十六日までの行政視察におきましては、青森県八戸市及び秋田県潟上市に赴き、八戸市では、八戸の魅力を凝縮して展示する観光の入り口であり、また、市民の創造活動の拠点でもある八戸ポータルミュージアムはっちについて、潟上市では、秋田県の教育に関する研究、教職員の研修及び教育相談等の事業活動を行っている秋田県総合教育センターについて、それぞれつぶさに視察を実施いたしました。

 次に、十一月十二日開会の委員会におきましては、理事者より、中央区立浜町集会施設の指定管理者候補事業者の決定について、平成三十年度中央区まちかど展示館助成対象施設の公募について、中央小学校温水プールの利用休止について、常盤小学校(別館)の利用について、平成三十年度学習力サポートテストの結果に基づく授業改善に向けた取組について、平成三十年度区立小・中学校児童・生徒体力等調査の結果について、特別休暇の付与時期の変更等について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの田中区民文教委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、渡部福祉保健委員会委員長。

     〔三十番 渡部博年議員登壇〕

○三十番(渡部博年議員)
 ただいまより、福祉保健委員会に付託を受けました「福祉及び保健の調査について」の経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、付託事件の調査の一環として、十月二十九日から十月三十一日までの二泊三日で行政視察を実施するとともに、十一月十三日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、十月二十九日から十月三十一日までの行政視察におきましては、鳥取県米子市及び鳥取市に赴き、米子市では、高齢者、児童及び障害者・児のみならず、地域住民の誰もが集い、多様なサービスや活動でお互いを支え合い、「認知症になっても住みやすい地域づくり」を目指した小規模多機能型居宅介護について、鳥取市では、市全域で子供を産み育てやすい環境を整えることにより、子育てを強力に応援する都市を目指し、妊産婦相談、養育相談・支援、子供の発達相談等を実施する妊娠・出産包括支援事業について、それぞれつぶさに視察を実施いたしました。

 次に、十一月十三日開会の委員会におきましては、理事者より、福祉施設の指定管理者の評価結果について、中央区児童育成手当等の所得計算における控除対象配偶者の名称の変更について、区立保育園の園児と区民との衝突事故に伴う損害賠償について、中央区立堀留町保育園の指定管理者候補事業者の決定について、それぞれ報告を徴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの渡部福祉保健委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、富永環境建設委員会委員長。

     〔十三番 富永 一議員登壇〕

○十三番(富永 一議員)
 ただいまより、環境建設委員会に付託を受けました「環境保全及び建設行政の調査について」の経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、付託事件の調査の一環として、十月三十一日から十一月二日までの二泊三日で行政視察を実施するとともに、十一月九日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、十月三十一日から十一月二日までの行政視察におきましては、沖縄県糸満市及び那覇市に赴き、糸満市では、官民が連携して、再生可能エネルギーの有効活用を推進し、地産地消型モデルによるエネルギー自給率向上の実現に取り組む、バイオガスを活用した発電及び廃熱活用事業について、那覇市では、「交通結節点としての機能強化」、「駅前にふさわしい多様な都市機能の導入」、「安全・快適な歩行者空間の整備」の三点を事業目的として、利便性の高い安心で安全なまちづくりを目指した、モノレール旭橋駅周辺地区第一種市街地再開発事業について、それぞれつぶさに視察を実施いたしました。

 次に、十一月九日開会の委員会におきましては、理事者より、事故により損傷を受けた新場橋の点検結果及び今後の予定について、東京エコサービス株式会社の経営状況等について、年末年始のごみ・資源の収集について、清掃事業に係る車両接触事故の損害賠償について、築地魚河岸入居者に対する支援について、晴海地区における歩行者ネットワークの整備に向けた都との協議について、地区計画の区域内における制限に関する事項の追加について、KYB及びカヤバシステムマシナリー製耐震ダンパー等のデータ改ざんについて、区立住宅等の入居者募集について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの富永環境建設委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、塚田築地等地域活性化対策特別委員会委員長。

     〔六番 塚田秀伸議員登壇〕

○六番(塚田秀伸議員)
 ただいまより、築地等地域活性化対策特別委員会に付託を受けました「新しい築地等まちづくり及び観光・地域振興等に関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、去る十一月十四日に開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 当日は、理事者より、中央区立浜町集会施設の指定管理者候補事業者の決定について、平成三十年度中央区まちかど展示館助成対象施設の公募について、中央小学校温水プールの利用休止について、築地魚河岸入居者に対する支援について、晴海地区における歩行者ネットワークの整備に向けた都との協議について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件につきましては、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの塚田築地等地域活性化対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、佐藤子ども子育て・高齢者対策特別委員会委員長。

     〔五番 佐藤敦子議員登壇〕

○五番(佐藤敦子議員)
 ただいまより、子ども子育て・高齢者対策特別委員会に付託を受けました「子育て環境の整備及び高齢者対策に関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、去る十一月十六日に開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 当日は、理事者より、福祉施設の指定管理者の評価結果について、中央区児童育成手当等の所得計算における控除対象配偶者の名称の変更について、区立保育園の園児と区民との衝突事故に伴う損害賠償について、中央区立堀留町保育園の指定管理者候補事業者の決定について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件につきましては、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの佐藤子ども子育て・高齢者対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、小栗防災等安全対策特別委員会委員長。

     〔十九番 小栗智恵子議員登壇〕

○十九番(小栗智恵子議員)
 ただいまより、防災等安全対策特別委員会に付託を受けました「防災、防犯、交通問題等児童生徒及び区民生活の安全に関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、去る十一月二十日に開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 当日は、理事者より、平成三十年七月豪雨に伴う区職員の派遣状況について、KYB及びカヤバシステムマシナリー製耐震ダンパー等のデータ改ざんについて、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件につきましては、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの小栗防災等安全対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(礒野 忠議員)
 次に、染谷東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会委員長。

     〔十四番 染谷眞人議員登壇〕

○十四番(染谷眞人議員)
 ただいまより、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会に付託を受けました「二○二○年東京オリンピック・パラリンピックに関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、去る十一月十五日に開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 当日は、理事者より、平成三十年度第一回オリンピック・パラリンピックに関する講演会の開催結果について、選手村予定地周辺の施設及び土地の利用について、東京二○二○大会後の選手村跡地の名称等について、平成三十年度中央区オリンピック・パラリンピック教育の取組について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件につきましては、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(礒野 忠議員)
 ただいまの染谷東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。

 以上をもって報告を終わります。


○二十三番(瓜生正高議員)
 議事進行について動議を提出いたします。

 本日の会議はこの程度とし、明二十三日から二十五日までを休会とし、来る二十六日定刻に本会議を開かれるよう、お諮り願います。

     〔「賛成」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 ただいま提出されました動議は賛成者がありますので、成立いたしました。よって、直ちにこれを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいまの動議に御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(礒野 忠議員)
 御異議なしと認めます。よって、本日の会議はこれにて打ち切り、明二十三日から二十五日までを休会とし、来る二十六日本会議を開きますから、定刻に御参集願います。

 本日は、これをもって散会いたします。

     午後二時二十五分 散会


署名議員
議長 礒野 忠
議員 原田 賢一
議員 田中 耕太郎

お問い合わせ先:区議会議会局調査係 
電話:03-3546-5559

ページの先頭へ