ページの先頭です
トップページ  の中の  会議録検索(本会議・委員会等)  の中の  令和元年第三回中央区議会定例会会議録(第1日 9月19日)
※発言が2箇所以上ある場合、「前を検索」「次を検索」で前後の発言箇所へ移動できます。

令和元年第三回定例会会議録(第1日 9月19日)

1.会期

二十九日(第一日)

九月十九日(木曜日)

2.開会並びに散会

午後二時開会

午後二時三十二分散会

3.出席議員

(三十名)

一番 梶谷 優香議員

二番 高橋 まきこ議員

三番 しらす 夏議員

四番 かみや 俊宏議員

五番 太田 太議員

六番 竹内 幸美議員

七番 二瓶 文徳議員

八番 高橋 元気議員

九番 奥村 暁子議員

十番 山本 理恵議員

十一番 渡部 恵子議員

十二番 海老原 崇智議員

十三番 佐藤 あつこ議員

十四番 塚田 秀伸議員

十五番 田中 耕太郎議員

十六番 堀田 弥生議員

十七番 青木 かの議員

十八番 小坂 和輝議員

十九番 小栗 智恵子議員

二十番 原田 賢一議員

二十一番 押田 まり子議員

二十二番 富永 一議員

二十三番 木村 克一議員

二十四番 礒野 忠議員

二十五番 瓜生 正高議員

二十六番 中嶋 ひろあき議員

二十七番 墨谷 浩一議員

二十八番 田中 広一議員

二十九番 中島 賢治議員

三十番 渡部 博年議員

4.出席説明員

副区長 齊藤 進君

副区長 吉田 不曇君

教育長 平林 治樹君

企画部長 浅沼 孝一郎君

総務部長 黒川 眞君

防災危機管理室長 濱田 徹君

区民部長 遠藤 龍雄君

福祉保健部長 田中 智彦君

高齢者施策推進室長 吉田 和子君

保健所長 山本 光昭君

環境土木部長 望月 秀彦君

都市整備部長 松岡 広亮君

会計管理者 坂田 直昭君

教育委員会事務局次長 長嶋 育夫君

監査事務局長 高橋 和義君

政策企画課長 山﨑 健順君

財政課長 大久保 稔君

広報課長 園田 典子君

総務部参事(総務課長事務取扱) 鈴木 浩君

5.議会局出席職員

議会局長 伊藤 孝志君

庶務係長 長田 基道君

議事係長 一瀬 知之君

調査係長 工藤 久栄君

書記 秋山 和美君

6.議事日程

日程第一
 会議録署名議員の指名

日程第二
 会期の決定

日程第三
 諸般の報告

日程第四
 委員会の中間報告


午後二時 開会

○議長(押田まり子議員)
 ただいまより、令和元年第三回中央区議会定例会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は三十名であります。よって、今期定例会は成立いたしております。

 ただいまより、本日の会議を開きます。


○議長(押田まり子議員)
 日程第一、「会議録署名議員の指名」を行います。

 区議会会議規則第八十四条の規定に基づき、今期定例会の会議録署名議員を私より御指名いたします。

 十五番田中耕太郎議員並びに二十番原田賢一議員の両議員にお願いいたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、日程第二、「会期の決定」を行います。

 お諮りいたします。今期定例会の会期を、本日より来る十月十七日までの二十九日間とすることに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期を二十九日間とすることに決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、日程第三、「諸般の報告」を行います。

〔伊藤議会局長朗読〕


一、区議会定例会の招集の通知について

二、議案の送付について

三、損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告について

四、地方自治法第二百四十三条の三第二項の規定に基づく書類の提出について

五、健全化判断比率の報告について

六、令和元年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価(平成三十年度分)の結果に関する報告書の提出について


○議長(押田まり子議員)
 報告を終わります。


○議長(押田まり子議員)
 次に、日程第四、「委員会の中間報告」を受けます。

 まず、礒野企画総務委員会委員長。

〔二十四番 礒野 忠議員登壇〕

○二十四番(礒野 忠議員)
 ただいまより、企画総務委員会に付託を受けました「企画・総務及び財政の調査について」、「『沖縄県民は先住民族』とする国連勧告の撤回を求める意見書の提出を求める請願」及び「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める意見書採択を求める請願」の調査並びに審査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る七月二十二日及び九月四日の両日にわたり開会し、慎重な調査並びに審査を進めてまいりました。

 まず、七月二十二日開会の委員会におきましては、付託事件の調査の一環として、東京都中央卸売市場豊洲市場に赴き、施設概要等の説明を受け、つぶさに視察してまいりました。

 当日は、視察に先立ち、前期定例会において本委員会に新たに付託を受けました「『沖縄県民は先住民族』とする国連勧告の撤回を求める意見書の提出を求める請願」及び「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める意見書採択を求める請願」について審査を開始し、それぞれ紹介議員並びに請願代表者より説明を受け、質疑及び審査を行いました。

 いずれの請願につきましても、慎重に審査を進める必要があるとして、継続審査と決しました。

 次に、理事者より、東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発事業に伴う資産の取得について、報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 次に、九月四日開会の委員会におきましては、まず理事者より、令和元年度都区財政調整の概要について、令和元年第三回区議会定例会提出予定議案(件名・説明)について、会計年度任用職員制度の導入について、地方公務員法の一部改正に伴う中央区職員の給与に関する条例等の規定整備について、日本橋プラザ株式会社の運営状況について、緊急時における防災行政無線の使用について、令和元年度中央区地域防災フェアの実施結果について、庁有車に係る車両交通事故の損害賠償について、投票管理者等が交替して職務に従事する場合の報酬額等について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件及び請願二件の審査を行いましたが、それぞれ今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件及び請願の調査並びに審査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの礒野企画総務委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、海老原区民文教委員会委員長。

〔十二番 海老原崇智議員登壇〕

○十二番(海老原崇智議員)
 ただいまより、区民文教委員会に付託を受けました「区民生活及び教育行政の調査について」の経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る七月二十五日及び九月六日の両日にわたり開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、七月二十五日開会の委員会におきましては、付託事件の調査の一環として、区立常盤小学校別館及びまちかど展示館(小津史料館及びミズノプリンティングミュージアム)に赴き、施設概要等の説明を受け、つぶさに視察してまいりました。

 当日は、視察に先立ち、理事者より、大規模改修工事に伴う月島スポーツプラザの休館について、障害者ボッチャ大会に向けた交流会の実施について、中央区内共通買物券について、幼稚園保育料等の無償化について、平成三十年度都内公立学校における体罰に係る実態把握の結果について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 次に、九月六日開会の委員会におきましては、理事者より、区民施設の指定管理者の評価結果について、住民票等への旧氏の記載等について、令和元年度中央区まちかど展示館の認定について、「第二回東京国際合唱コンクール in HARUMI」の実施結果について、公益財団法人中央区勤労者サービス公社の運営状況について、一般社団法人中央区観光協会の運営状況について、令和元年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価(平成三十年度分)の結果に関する報告書について、区立小中学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償における介護補償の限度額の改定等について、令和二年度から使用する小学校教科書及び中学校教科書の採択について、令和元年度全国学力・学習状況調査における教科別平均正答率等について、地方公務員法の一部改正に伴う幼稚園教育職員の給与に関する条例等の規定整備について、令和二年度区立学校における夏季休業日の変更について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの海老原区民文教委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、田中福祉保健委員会委員長。

〔十五番 田中耕太郎議員登壇〕

○十五番(田中耕太郎議員)
 ただいまより、福祉保健委員会に付託を受けました「福祉及び保健の調査について」及び「旅館業法に関連する条例等についての請願」の調査並びに審査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る七月二十四日及び九月九日の両日にわたり開会し、慎重な調査並びに審査を進めてまいりました。

 まず、七月二十四日開会の委員会におきましては、付託事件の調査の一環として、十思スクエア及び地域密着型複合施設マザアス新宿に赴き、施設概要等の説明を受け、つぶさに視察してまいりました。

 当日は、視察に先立ち、前期定例会において本委員会に新たに付託を受けました「旅館業法に関連する条例等についての請願」について審査を開始し、紹介議員より説明を受け、質疑及び審査を行いました。

 本請願につきましては、慎重に審査を進める必要があるとして、継続審査と決しました。

 次に、理事者より、未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金について、幼児教育・保育の無償化について、私立認可保育所の開設支援について、中央区自殺対策計画の策定について、報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 次に、九月九日開会の委員会におきましては、まず理事者より、社会福祉法人中央区社会福祉協議会の運営状況について、女性福祉資金貸付金限度額の改定について、子ども・子育て支援施設等の利用給付に関する虚偽の報告等に対する過料の設定について、公益社団法人中央区シルバー人材センターの運営状況について、毒物及び劇物取締法の一部改正に伴う中央区事務手数料条例の規定整備について、難病患者福祉手当の支給対象疾病の追加について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件及び請願の審査を行いましたが、それぞれ今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件及び請願の調査並びに審査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの田中福祉保健委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、墨谷環境建設委員会委員長。

〔二十七番 墨谷浩一議員登壇〕

○二十七番(墨谷浩一議員)
 ただいまより、環境建設委員会に付託を受けました「環境保全及び建設行政の調査について」の経過及び地下鉄建設促進五区協議会の活動状況につきまして、御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る七月二十三日及び九月十日の両日にわたり開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、七月二十三日開会の委員会におきましては、付託事件の調査の一環として、選手村整備工事進捗状況等について、臨港消防署新庁舎について及び日本橋エネルギーセンターについて、施設概要等の説明を受け、つぶさに視察してまいりました。

 当日は、視察に先立ち、理事者より、平成三十年度江戸バス乗車実績等について、環境マネジメントシステム運用の見直しについて、平成三十年度中央区役所温室効果ガス排出量等について、中央区無電柱化計画の改定について、まちづくり協議会の報告について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 次に、九月十日開会の委員会におきましては、まず八月二十七日に開会された地下鉄建設促進五区協議会総会の報告をいたしました。

 その内容は、前年度の活動状況等の報告を受けた後、それを了承し、今後の活動方針について協議を行うとともに、意見交換を行ったところであります。

 次に、理事者より、温浴プラザの指定管理者の評価結果について、築地川アメニティ整備構想について、特別区道の路線の認定、廃止及び変更について、平成三十年度ごみ量及び資源回収量について、中央区住宅マスタープランの改定について、マンション建替法における容積率の緩和特例制度等について、一般財団法人中央区都市整備公社の運営状況について、それぞれ報告を聴取し、質疑を行いました。

 続いて、付託事件の審査を行いましたが、今後さらに調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの墨谷環境建設委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、富永築地等地域活性化対策特別委員会委員長。

〔二十二番 富永 一議員登壇〕

○二十二番(富永 一議員)
 ただいまより、築地等地域活性化対策特別委員会に付託を受けました「新しい築地等まちづくり及び観光・地域振興等に関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、付託事件の調査の一環として、七月十一日に行政視察を実施するとともに、九月十一日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、七月十一日の行政視察におきましては、神奈川県藤沢市及び東京都港区に赴き、藤沢市では、Fujisawaサスティナブル・スマートタウンについて、港区では、品川駅北周辺地区の開発について、それぞれつぶさに視察を実施いたしました。

 次に、九月十一日開会の委員会におきましては、理事者より、区民施設の指定管理者の評価結果について、令和元年度中央区まちかど展示館の認定について、「第二回東京国際合唱コンクール in HARUMI」の実施結果について、築地川アメニティ整備構想について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件については、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの富永築地等地域活性化対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、堀田子ども子育て・高齢者対策特別委員会委員長。

〔十六番 堀田弥生議員登壇〕

○十六番(堀田弥生議員)
 ただいまより、子ども子育て・高齢者対策特別委員会に付託を受けました「子育て環境の整備及び高齢者対策に関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、付託事件の調査の一環として、七月十七日から十八日までの一泊二日で行政視察を実施するとともに、九月十三日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、七月十七日から十八日までの行政視察におきましては、愛知県大府市及び一宮市に赴き、大府市では、大府市認知症に対する不安のないまちづくり推進条例と条例に基づく新規事業について、一宮市では、尾張一宮駅前ビル(iビル)について、それぞれつぶさに視察を実施いたしました。

 次に、九月十三日開会の委員会におきましては、理事者より、女性福祉資金貸付金限度額の改定について、子ども・子育て支援施設等の利用給付に関する虚偽の報告等に対する過料の設定について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件については、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの堀田子ども子育て・高齢者対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、中嶋防災等安全対策特別委員会委員長。

〔二十六番 中嶋ひろあき議員登壇〕

○二十六番(中嶋ひろあき議員)
 ただいまより、防災等安全対策特別委員会に付託を受けました「防災、防犯、交通問題等児童生徒及び区民生活の安全に関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、付託事件の調査の一環として、七月十六日から十七日までの一泊二日で行政視察を実施するとともに、九月十七日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、七月十六日から十七日までの行政視察におきましては、宮城県石巻市に赴き、震災復興の取り組みと現状及び防災センターについて、つぶさに視察を実施いたしました。

 次に、九月十七日開会の委員会におきましては、理事者より、緊急時における防災行政無線の使用について、令和元年度中央区総合防災訓練の実施結果について、令和元年度中央区地域防災フェアの実施結果について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件については、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの中嶋防災等安全対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。


○議長(押田まり子議員)
 次に、塚田東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会委員長。

〔十四番 塚田秀伸議員登壇〕

○十四番(塚田秀伸議員)
 ただいまより、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会に付託を受けました「二○二○年東京オリンピック・パラリンピックに関すること」の調査経過につきまして、御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、付託事件の調査の一環として、七月十七日に行政視察を実施するとともに、九月十二日に委員会を開会し、慎重な調査を進めてまいりました。

 まず、七月十七日の行政視察におきましては、HARUMI FLAG PAVILION及び日本財団パラアリーナに赴き、施設概要等の説明を受け、それぞれつぶさに視察してまいりました。

 次に、九月十二日開会の委員会におきましては、理事者より、折り鶴ウェーブキックオフイベントの開催結果について、東京二○二○大会時の中央区のおもてなしの取組(中間まとめ)について、それぞれ報告を聴取するとともに、付託事件とあわせて質疑を行いました。

 なお、付託事件については、今後も引き続き調査・研究する必要があるとして、継続審査と決しました。

 以上申し上げまして、本特別委員会に付託を受けました事件の調査経過の御報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 ただいまの塚田東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会委員長の報告は、これを了承することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたします。

 以上をもって報告を終わります。


○二十三番(木村克一議員)
 議事進行について動議を提出いたします。

 本日の会議はこの程度とし、明二十日定刻に本会議を開かれるよう、お諮り願います。

〔「賛成」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 ただいま提出されました動議は賛成者がありますので、成立いたしました。よって、直ちにこれを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいまの動議に御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、本日の会議はこれにて打ち切り、明二十日本会議を開きますから、定刻に御参集願います。

 本日は、これをもって散会いたします。

     午後二時三十二分 散会


署名議員
議 長  押田 まり子
議 員  田中 耕太郎
議 員  原田 賢一

お問い合わせ先:区議会議会局調査係 
電話:03-3546-5559

ページの先頭へ