ページの先頭です
トップページ  の中の  会議録検索(本会議・委員会等)  の中の  令和2年第一回中央区議会定例会会議録(第4日 3月6日)
※発言が2箇所以上ある場合、「前を検索」「次を検索」で前後の発言箇所へ移動できます。

令和2年第一回定例会会議録(第4日 3月6日)

1.会期

三十二日(第四日)

三月六日(金曜日)

2.開議並びに散会

午後二時開議

午後二時十分散会

3.出席議員

(三十名)

一番 梶谷 優香議員

二番 高橋 まきこ議員

三番 しらす 夏議員

四番 かみや 俊宏議員

五番 太田 太議員

六番 竹内 幸美議員

七番 二瓶 文徳議員

八番 高橋 元気議員

九番 奥村 暁子議員

十番 山本 理恵議員

十一番 渡部 恵子議員

十二番 海老原 崇智議員

十三番 佐藤 あつこ議員

十四番 塚田 秀伸議員

十五番 田中 耕太郎議員

十六番 堀田 弥生議員

十七番 青木 かの議員

十八番 小坂 和輝議員

十九番 小栗 智恵子議員

二十番 原田 賢一議員

二十一番 押田 まり子議員

二十二番 富永 一議員

二十三番 木村 克一議員

二十四番 礒野 忠議員

二十五番 瓜生 正高議員

二十六番 中嶋 ひろあき議員

二十七番 墨谷 浩一議員

二十八番 田中 広一議員

二十九番 中島 賢治議員

三十番 渡部 博年議員

4.出席説明員

区長 山本 泰人君

副区長 齊藤 進君

副区長 吉田 不曇君

教育長 平林 治樹君

企画部長 浅沼 孝一郎君

総務部長 黒川 眞君

防災危機管理室長 濱田 徹君

区民部長 遠藤 龍雄君

福祉保健部長 田中 智彦君

高齢者施策推進室長 吉田 和子君

保健所長 山本 光昭君

環境土木部長 望月 秀彦君

都市整備部長 松岡 広亮君

会計管理者 坂田 直昭君

教育委員会事務局次長 長嶋 育夫君

監査事務局長 高橋 和義君

政策企画課長 山﨑 健順君

財政課長 大久保 稔君

広報課長 園田 典子君

総務部参事(総務課長事務取扱) 鈴木 浩君

5.議会局出席職員

議会局長 伊藤 孝志君

庶務係長 長田 基道君

議事係長 一瀬 知之君

調査係長 工藤 久栄君

書記 秋山 和美君

6.議事日程

日程第一
諸般の報告

日程第二
 議案第二十九号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する規約
           (三月三日 福祉保健委員会付託に続いて)

日程第三
 議案第一号 令和二年度中央区一般会計予算

日程第四
 議案第二号 令和二年度中央区国民健康保険事業会計予算

日程第五
 議案第三号 令和二年度中央区介護保険事業会計予算

日程第六
 議案第四号 令和二年度中央区後期高齢者医療会計予算


午後二時 開議

○議長(押田まり子議員)
 ただいまより、本日の会議を開きます。


○議長(押田まり子議員)
 これより本日の日程に入ります。

 日程第一、「諸般の報告」を行います。

〔伊藤議会局長朗読〕


十一、委員会報告書(福祉保健委員会)


○議長(押田まり子議員)
 報告を終わります。


○議長(押田まり子議員)
 次に、日程第二を議題といたします。

〔伊藤議会局長朗読〕


日程第二

 議案第二十九号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する規約

           (三月三日 福祉保健委員会付託に続いて)


○議長(押田まり子議員)
 本案について、福祉保健委員会の報告を田中委員長より願います。

〔十五番 田中耕太郎議員登壇〕

○十五番(田中耕太郎議員)
 ただいまより、去る三月三日の本会議において本委員会に付託を受けました議案につきまして、審査結果の御報告を申し上げます。

 本委員会は、昨日開会し、慎重な質疑を行いました。

 付託された議案第二十九号「東京都後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更する規約」につきましては、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、本委員会の結果報告といたします。(拍手)

○議長(押田まり子議員)
 報告を終わります。

 議案第二十九号について、お諮りいたします。本案を可決することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、日程第二、議案第二十九号は原案のとおり可決されました。


○議長(押田まり子議員)
 次に、日程第三から日程第六までを一括して上程いたします。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、日程第三から日程第六までを一括して議題といたします。

〔伊藤議会局長朗読〕


日程第三

 議案第一号 令和二年度中央区一般会計予算

日程第四

 議案第二号 令和二年度中央区国民健康保険事業会計予算

日程第五

 議案第三号 令和二年度中央区介護保険事業会計予算

日程第六

 議案第四号 令和二年度中央区後期高齢者医療会計予算


○議長(押田まり子議員)
 提案理由の説明を願います。

〔区長 山本泰人君登壇〕

○区長(山本泰人君)
 ただいま一括上程されました議案第一号、第二号、第三号及び第四号、令和二年度本区各会計予算につきまして、提案の理由を御説明申し上げます。

 一般会計の予算総額は、歳入歳出それぞれ一千百八十三億七千四百六十一万円であります。また、地方自治法の定めるところによりまして、繰越明許費、債務負担行為、特別区債、一時借入金及び歳出予算の流用の定めを置いております。

 国民健康保険事業会計の予算総額は、歳入歳出それぞれ百三十一億二千七百五万二千円であります。また、法の定めるところによりまして、債務負担行為、一時借入金及び歳出予算の流用の定めを置いております。

 介護保険事業会計の予算総額は、歳入歳出それぞれ八十七億六千六百九万五千円であります。また、法の定めるところによりまして、一時借入金及び歳出予算の流用の定めを置いております。

 後期高齢者医療会計の予算総額は、歳入歳出それぞれ三十億三千七百七十万三千円であります。また、法の定めるところによりまして、歳出予算の流用の定めを置いております。

 よろしく御審議の上、御決定のほどお願いいたします。


○二十三番(木村克一議員)
 議事進行について動議を提出いたします。

 ただいま上程されております議案第一号から議案第四号までの令和二年度本区各会計予算は、その内容を慎重に審査する必要がありますので、十六名の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、付託されるようお諮り願うとともに、議長より直ちに委員を指名されるようお諮り願います。

〔「賛成」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 ただいま提出されました動議は賛成者がありますので、成立いたしました。よって、直ちにこれを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいまの動議に御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、予算特別委員会は設置されましたので、議案第一号から議案第四号までを付託いたします。

 さらに、区議会委員会条例第五条第一項及び第二項の規定に基づき、私より委員を御指名申し上げます。

〔議会局職員、予算特別委員会委員名簿を配付〕

○議長(押田まり子議員)
 それでは、ただいまから氏名を申し上げます。

     中 嶋 ひろあき 議員   礒 野   忠 議員

     木 村 克 一 議員   田 中 耕太郎 議員

     塚 田 秀 伸 議員   海老原 崇 智 議員

     竹 内 幸 美 議員   墨 谷 浩 一 議員

     堀 田 弥 生 議員   渡 部 恵 子 議員

     梶 谷 優 香 議員   高 橋 元 気 議員

     小 栗 智恵子 議員   山 本 理 恵 議員

     原 田 賢 一 議員   しらす   夏 議員

 以上、御指名申し上げました。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、予算特別委員会委員は決定いたしました。

 なお、本日、本会議終了後、直ちに、ただいま設置されました予算特別委員会を開会いたしますので、委員各位には第二委員会室に御参集願います。


○二十三番(木村克一議員)
 議事進行について、動議を提出いたします。

 本日の会議はこの程度とし、ただいま設置されました予算特別委員会並びに各常任委員会に付託されました議案の審査の関係もありますので、明七日より二十九日までを休会とし、来る三月三十日定刻に本会議を開かれるようお諮り願います。

〔「賛成」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 ただいま提出されました動議は賛成者がありますので、成立いたしました。よって、直ちにこれを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいまの動議に御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(押田まり子議員)
 御異議なしと認めます。よって、本日の会議はこれにて打ち切り、明七日より二十九日までを休会とし、来る三月三十日本会議を開きますから、定刻に御参集願います。

 本日は、これをもって散会いたします。

     午後二時十分 散会


署名議員
議 長  押田 まり子
議 員  瓜生 正高
議 員  墨谷 浩一

お問い合わせ先:区議会議会局調査係 
電話:03-3546-5559

ページの先頭へ